水のトラブルと水道工事

水回りのトラブルは、ほとんどの場合修理を行うことで解消できます。ただ、中には修理では済まないケースもあり、そういった時には水道 工事が必要となってきます。また、リフォームも築年数によっては考える必要があり、こちらも工事が不可欠となります。

■工事が必要となるケース

水のトラブルの中で、あまりにも劣化が激しい場合や、被害が大きい場合は水道 工事をすることがあります。最も多い例で言うと、やはりトイレの便器の取り外しでしょう。便器と床との間からの水漏れなどは、どうしても便器を取り外さなければ修理できません。また、便器の本体が損傷していたりすると交換となります。他にも、キッチンであれば食洗機やディスポーザーの取り外し、交換も大掛かりな作業ですので、工事となります。もちろん混合栓などの特殊な蛇口や、隠れたところにある排水管などの交換も工事が必要ですので、まずは修理業者に相談してください。

■水回りのリフォーム

トイレの便器や便座は次々と新しい商品が発売されています。トイレをリフォームするタイミングとしては、大掛かりな工事が必要となる水漏れやつまり、故障があった時でしょう。長年使ってきた便器は、排水管や給水管など、部品がかなり劣化しているはずです。これらを全て修理するとなると、かなりの金額になってきます。そうなった場合、やはり新しいトイレにしたいという気持ちが湧いてくることが多くなります。また主婦の方の城とも言えるキッチンも同様で、使い勝手が悪くなったり、水漏れなどが頻繁に起こってくるとやはりこちらもリフォームを考えたほうがいいでしょう。リフォームは修理業者と入念な打ち合わせを行い、双方が納得したうえで行うことが大切です。

■まとめ
水のトラブルは、簡単な修理で終わるものもありますし、工事が必要となるケースもあります。また、リフォームで総入れ替えするという解決方法もあります。どのケースになっても、まずは修理業者と相談することが、水のトラブルの解決策として重要なポイントとなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ